累計      本日      昨日
<< 家族3人、みな無事です。ですが、ペンションは被災しました。 | main | テレビ取材。 >>
凛とした姿。。。救われた命。
4月16日(土曜日)深夜1時25分。
まさかと思った大地震が 現実に起こった。

2日前に襲った 益城町の大地震、ここ南阿蘇も震度5弱を記録した。
でも その時は グラスが3個割れ、棚のものが落ちて散乱する程度だった。。。
それでも この阿蘇で初めて体験した大揺れの地震だった。

ペンション ティンクナは ご存知の通りに メルヘン村の丘の斜面に建っています。
大雨の時や 少しの地震が起こると 誰もが一番に「ティンクナ」を心配してくれました。
そのことは ここに住んでいる私たちも一番気にしていることでしたし、不安は多少なりともありました。

でも 数年前の阿蘇豪雨災害の時も 台風が何度も直撃しても 「ティンクナ」は微動だにすることはありませんでした。
そして 益城町を襲った大地震の時の震度5弱の大揺れさえも「ティンクナ」の建物は、見事に耐えてくれました。
敢えて斜面に建っているため、建物の基礎部分はどこよりもしっかりしているものだと確信もできて、安心できました。

ニュースで見ていた益城町の大地震の被害状況、同じ熊本に住む者としては辛い惨状でした。
知り合いもその地域に居ました。

でも こんなに大きい地震が起こった後だから、もうこれ以上の地震は無いだろうと思ったし、
ましてや少し離れた阿蘇地域は さらに問題無いと思っていました。

念のために 震度5弱の記録した日だったので、その夜は家族みんなで 玄関に近い廊下に布団を敷き寝ることにしました。
震度5弱の後、何度も余震がありました。
でも震度5弱を耐えた「ティンクナ」だから、余震の揺れは気持ち悪いものでしたが、多少の揺れは安心していられました。

次の日の夜も 念のためにと玄関に近い廊下で家族3人寝ることにしました。
もう 今夜あたりは寝室に戻って 普段通りに寝ようと家族で話し合っていたけれど、
娘のチヒナが廊下で寝ることが楽しいらしくて、結局、その夜もまた 玄関に近い廊下で寝ることにしたのでした。

この判断が 後に私たちの安全を守ってくれようとは。。。

そして運命の深夜1時25分。
いつものようにユサユサと始まった余震、布団の中で揺れと同時に目が覚め、
その揺れを感じながら「いつもの余震だったら、これぐらいで終わるはず。。。」っと思った瞬間、
建物全体が横に揺れた!その揺れ方は尋常ではなく 私の体は真横に吹き飛ばされ
とっさに柱に手をかけた瞬間に 今度は反対方向へと吹き飛ばされ、
廊下に寝ていた私は すぐ横の階段から落ちてしまった。
しかし、運よく何かの反動で階段の途中で体は正常な態勢となり、娘と妻に声をかける、二人とも無事だ、

とにかく外に出るように声をかける
すでに足元にはガラスの破片、慌てながらもガラスに気を付けてっと促し玄関に着く、
そこで娘が「玄関の床が無い!!」っと声を震わせ叫ぶ!
私も娘のその声を聞き、床を見て、瞬間的に「ティンクナの建物」は壊れてしまったっと感じた。
その瞬間だけは 地震のせいで「ティンクナだけが地震に耐えられなかった」っと思ったけれど、
外に出た途端 その考えは間違いだったと悟った。

玄関前に止めてあった車が アスファルトの波に飲まれていた。
玄関前の駐車場のアスファルトが粉々に砕け、浜に寄せる波のようにぐちゃぐちゃになっていて、その合間に車は埋まっていた。

初めて見る光景、こんな状況なんて、テレビでも見たことない、そしてこの地震は「ティンクナ」だけじゃない、
みんなを助けないと。。。すぐに 妻のヒトちゃんが「野ばらさん、だいじょうぶ〜〜〜???」っと叫ぶ、
するとそこのお爺ちゃんが「動けない!!」と叫ぶ声、あたりは真っ暗、でも私たちの手元には懐中電灯が無い、
すぐに私はティンクナの中に戻り、懐中電灯を探す、でも懐中電灯を置いていたフロントのドアが物で塞がれ開かない、
狭い窓から中に入ったものの 色んな物が散乱してて探せない、
慌てる、慌てる 慌てながら冷静に探そうと心に言い聞かせる、ようやく見つけた。

野ばらさんとその家族はみんな無事だった。メルヘン村の他のペンションさんたちも全員無事だった。
誰一人ケガもなく お互いの無事を心から喜び合った。

地震からまだ数分、でもとても長い瞬間だったように思う。
辺りが明るくなるまで、とにかくみんな車などで時を過ごした、
私と数人は メルヘン村を出て、指定避難所へと道を探ろうとするものの
完全に崩れた土砂で、メルヘン村は孤立していた。

そして 明るくなり、私たちは「ティンクナ」の様子を見た。

「ティンクナ」の横の斜面から、メルヘン村の入り口に向かう道路が すべて崩落してる。
ペンション「野ばら」さんの玄関前の階段が無くなっている。
隣の「えばーぐりーん」の玄関の野寄が落ちて、地面に大きな亀裂。
「野ばら」さんも「えばーぐりーん」さんも 崩落寸前だったことが よくわかる。

こんな大規模な土砂崩れなのに 「ティンクナ」の建物は 傾きもせず、真っすぐに建っていた。
もちろん大きな揺れで 駐車場につながる玄関は床が落ちて、建物内の物という物は倒れ、崩れ、何もかも散乱しているけれど
建物全体は 迫る土砂を堰き止めるように 凛として真っすぐに建っていました。
建物の基礎部分のコンクリートの柱は ヒビ1つ入らず垂直に立っていて、本当に凄かった。

もしも「ティンクナ」の建物が無かったら、もしくは 基礎が弱い建物だったら、
壊れた駐車場と共に 最初の揺れで土砂と一緒に崩れていたかもしれません、
そしてそうなっていたら ティンクナの向かいにある「ペンション野ばら」も「えばーぐりーん」も
最初の土砂に引き込まれるように崩れていただろうと思います。

私たち家族を 大地震と土砂崩れから守ってくれた「ティンクナ」の建物、
そしてメルヘン村の他の家族を守ってくれた「ティンクナ」の建物、その姿が何よりも胸を打ち感激しました。

みんなから 「こんな斜面に建っていて大丈夫!?」と心配されていた「ティンクナ」は
一番安心できる建物だったと証明してくれました。とても誇らしいペンションです。

地震から そろそろ2週間が経ちます。
今もなお 崩れかけている土砂を堰き止め、けなげに「ティンクナ」は建っています。
でも 日増しに 後ろからの土砂に押され、だんだんと基礎は傾き、もう建物内に入るのは危険な状態になっています。

これから大きな余震、あるいは雨が土砂に浸み込み始めたら もう時間の問題で崩落するかもしれません。

地震後、毎日 私たち家族は避難所から「ティンクナ」の様子を見に行っています。
いつ崩落するかわからない状態で、建物内に入って 家の中のものを取りにも行けないし片づけられなくて、
どうすることもできないけれど、ただ近くで 今も必死に土砂を止めている凛とした姿を最後まで見届けてあげたいという気持ちです。

いずれは 「ティンクナ」の建物は撤去しなければなりません、でないと後ろに迫る土砂で二次災害が起こる可能性があります。
結果的にメルヘン村の大半が崩落してしまうことになるので、今後この場所でメルヘン村そのものが再開できるかも
今は未定のままです。行政が今後どのように判断するかにかかっています。

地震直後は 正直、ペンションの再建は諦めました。この場所での再建は現実的に無理かもしれません。
でも この凛として建つ「ティンクナ」を見てると ただただ「諦めたくない」気持ちでいっぱいになります。

今もなお、亀裂がどんどん広がり、柱は徐々に傾きながらも 凛として建つ「ティンクナ」は、
先が見えない私たち家族に勇気を与えてくれています。

震災後、毎日のように「ティンクナ」の様子を見に行っています。

もう手の施しようもなく中には入れないけど、そばに居るだけで落ち着きます。
まるで。。。現在 入院している私の母を見舞う感じに良く似ています。

今後は まだ私たち自身、どうしてゆくかはわからない状態です。
でも わずかな再建への希望があれば、夢はまた続くのかもしれません。

これまで、「ティンクナ」をご利用して頂きました皆様へ。
心より感謝いたします。
この震災における、心癒す温かい励ましもたくさん頂き、重ねて感謝いたします。

ティンクナでしか見れない景色、夕焼け、夜景、星空。。。
これからも 皆様の心に残ってくれることを 願っています。

私たち家族も皆様と過ごした 楽しかった日々を 決して忘れません。
10年目を目前にしていた「ティンクナ」での日々、ただただ楽しかった思い出ばかりです。

ありがとうございました。

ティンクナ・ぱぱ&ヒトちゃん&ちいちゃん

カテゴリ:阿蘇 観光日記 | 12:23 | comments(15) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
写真を見て絶句してしまい、言葉がみつかりません。兎に角ご家族がご無事でよかったです。昨夏お伺いした1晩の楽しい想い出を一生胸に刻んで家族で過ごしてゆきます。本当にありがとうございました。私達に出来る事があれば、何でも言って下さい。平穏な日々が戻りますよう祈っております。
| miwa | 2016/04/28 8:57 PM |
二年ほど前に1泊だけですが2歳になる娘を連れ、お世話になりました。

2度目の地震の後、HPが更新されず、近くの東海大学のニュース映像を見て・・・あの立地条件では・・・もしやと思いましたが ご無事でよかったです。

避難生活はご不自由と思います。遠くの私たちには無責任に言葉をかけることはできません。

ティンクナが再開する日を遠く北海道より、お待ちしております。

| ひるま | 2016/04/28 9:55 PM |
なんというか、上手く言葉が出てきません…
しかし再建できるよう心からお祈り申し上げます!
どういう形であれ再建された暁には必ずまた行きます!
微力ながら、募金等自分のできる範囲でご支援させて頂きます。

頑張って下さい!応援しています!
| たんたか@tokyo | 2016/04/28 10:33 PM |
初めてティンクナに宿泊することになった頃から、ほぼ毎日ブログを見ていました。
今は熊本大震災のことを考えれば当たり前のことかもしれませんが、ティンクナのブログを読んでいろいろな衝撃を受けています。
このブログの前の記事を子どもにも見せました。
するともう、行けないの?カブトムシ取りに行けないのかなぁと言っていました。
本日のブログを読んで、きっとカブトムシをとりにいったティンクナにはきっと行けないのだなぁと悟りました。
本当に悲しかったです。自分がこれほど悲しいのだからご主人や奥様、そして、玄関先で掃き掃除をしていた娘さんのことを思うと、10年分の思いが詰まったティンクナが凛として立ちつつも、いつなくなるかもしれないティンクナを見ているご家族の思いは計り知れないものだと思います。

今はただ、思いをはせることしかできません。
なにか自分にできることがあったら、ご連絡下さい。何々があったらありがたいでもいいです。自分にできることしかできません。
kou615waka0503@icloud.com

もし、ここで、あるいはこれ以外の場所で、ご主人の夢の続きが、続くとしたらカブトムシ取りに行けなくても絶対にお伺いします。

| 新 | 2016/04/29 4:16 AM |
これだけの被害のなか、皆さん御無事で本当によかったです。
気候も暖かくなってきた折、今年の夏も長女の誕生日祝いをティンクナで、と話に出た矢先でした。
とびきり美味しいコーンスープとカブト虫取りの懐中電灯の明かりは、子供達にとって夏の一番のお気に入りでした。
私の実家も、昔ながらの古民家なもので相当な痛手を受けました。
避難生活、かなりお疲れの事と思います。どうか、お体御自愛ください。
いつの日か、また元気に皆さんとお会いできるのを願ってます。
| 園田 | 2016/04/29 1:09 PM |
三人共ご無事でなによりでした 連絡の術がなくやきもきしていました 状況が分からないのでお気楽に連休明けには孫を連れて泊まりに行こうと思っていました こんな大惨事になっていようとは・・・・何でも言って下さい 言ってくれるひとちゃんが好きです 連絡待っています





| 二宮 | 2016/04/29 1:26 PM |
ひとみさん、想像を超えた被害の中、みなさん無事で本当によかったです。ブログが地震の日から止まっていたので、きっと大きな被害があったのだろう、ひとみさん家族は大丈夫だろうかと、本当に心配でした。ひとみさん家族を守ってくれたティンクナ、素晴らしいですね。ブログを読んで涙が出ました。何もできない自分がもどかしいですが、ただただ、ひとみさん家族のことをいつも想い、応援しています。ずっと気を張っている毎日だと思いますので、どうぞお身体に気を付けてくださいね。いつかティンクナで会いたいです。
| 手島真弓 | 2016/04/30 5:13 PM |
14日から、ずっと心配していました。まずは、ご無事で何よりです。
まさか、こんな事になるなんて、信じられないです。
阿蘇は私が一番好きな場所です。ニュースでの阿蘇の現状に言葉を失いました。
私は八代市に住んでますが、今まで経験した事のない揺れ(震度5強が数回)に、私や子供たちもパニックになり、車中泊をしばらくしていました。今日あたりやっとおさまり、少しほっとしました。
しかし、まだ気がぬけません。八代は、日奈久断層があります。ある程度の荷物を車にのせ、食料品も備蓄してます。
もう、これ以上は、何もない事を祈るばかりです。

4年前の夏と去年の夏お世話になりました。
去年は、6歳の息子がカブトムシとクワガタをとる!と張り切ってものすごく楽しみに、ティンクナさんを利用させてもらいました。12匹とれ大満足の息子。「また来年もいこうね」と約束していました。
奥様のコーンスープや手料理、おいしくて忘れられません。本当に残念です。
ティンクナさんで過ごした事は忘れません。本当にありがとうございました。
| 鎌田 | 2016/04/30 9:36 PM |
おととし、一人で宿泊させていただきました者です。
熊本の震災から、日々更新されていたブログがぴたりと止まり、
とても心配しておりました。
今回の更新でひとまず、安心いたしました。
皆さまご無事で、本当に良かったです。

宿泊しました思い出は、とても心に残り、
ぜひ今度は大切な人とも泊まってみたいと思っていたため、
今回の震災によるティンクナの状態を知り、とても悲しく思いました。

私としても、他の皆さま同様に、再開を心よりお待ちしております。
ただ、まだまだ大変な日々が続いていると思います。
まずは、これまで通りの生活を取り戻し、健康を最優先にしてください。
ティンクナの皆さまの元気なお姿を拝見できることを、
私は何よりも心から望んでおります。
| 川尻 | 2016/04/30 9:51 PM |
昨年、1泊させて頂き、ホスト様の人柄に美味しいディナー、素晴らしい景色に家族で感動しました。今年も是非宿泊させて頂きたく思っていました。
皆様ご無事との事、何より嬉しく思います。
妻の実家が熊本市内、遠く四国から無力さを感じておりました。
また、美味しい料理を頂ける日を心待ちしております。
| 國松 | 2016/04/30 11:39 PM |
ご無沙汰しております。
ティンクナがオープンして「最初に迎えるお正月」に、当時住んでいた神奈川から、和歌山に住む父と一緒に泊めていただいた者です。

あれから9年ですか!? 私は無事に(?)結婚でき、二人の子供に恵まれました。
あの時、話下手なもので話しかけることができず、あまりお話を聞けなかったことが心残りで…いつかまた絶対に行きたい!と思いつつも、子供がまだ小さく(言うこと聞かずに走り回るヤンチャな男児2名)、他のお客様の迷惑になるからと先延ばししていた矢先の今回の地震…。

ブログが更新されるまでは心配で仕方なかったのですが、みなさん御無事とのことで安心しました。
時間はかかると思いますが、どうか諦めないで。夢を見続けてください。またいつか家族でお邪魔して、今度こそ色々お話ししたいです。

まずはご家族が安心して眠れる場所が早く見つかりますように。

追伸:いつかペンション再開されるときは「以前のティンクナ」だと分かるようにしてくださいね! 埼玉からはなかなか行けませんが、時々検索してみます。またお会いできますように…。遠くからですが応援しています。
| トモコ | 2016/05/01 12:45 AM |
ご家族の皆さんがご無事で良かったです。
6年前の夏、3世代でお世話になりました。蚊に刺されながら年甲斐も無く子供たちとカブトムシを採ったことが思い出されます。メルヘン村は「ティンクナ」さんの他、昨年は「カルデラマラソン」出場のため、「野ばら」さん「森のこびと」さんにもお世話になりました。とても素敵なペンション村がこのような被害を受けたこと心が痛みます。大変な毎日だと思いますが、皆様に穏やかな日常が早く戻ることをお祈りいたします。
| 馬場 | 2016/05/02 2:10 PM |
ちょうど、一年前に家族で泊まらせていただきました。とても楽しくて、ご飯も、おいしくて、思い出が詰まっています。
また泊まりに行きたいね、とみんなで話しながら帰ったのを思いだします。
ブログ、更新されていて安心しました。
皆さんご無事で何よりです。しかし、ペンションが残念でなりません。今でも避難所での生活とのこと、とても心苦しいです。
早く日常の、普通の生活が送れることをお祈りしております。
またペンションが再開することができたら、必ず泊まらせていただきます。
| 柳田 | 2016/05/03 3:27 PM |
すごいな。
ティンクナ
| めめ | 2016/05/05 7:16 PM |
こんにちは。
2010年頃に東海大の学生としてバイトしていたものです。
覚えていらっしゃらないかもしれませんが…
地震が起こりペンションが気になっていました( ̄^ ̄゜)
皆様ご無事なようで安心しました。
まだまだ大変だとは思いますが、1日も早く皆様にえがおが戻る日を祈っています…
| 新地未来 | 2016/05/06 6:15 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://aso.tinkuna.net/trackback/1090270
トラックバック