累計      本日      昨日
<< 希望 | main | 今日は、ティンクナ9周年記念日でした。 >>
支える人に

一年に一回ですけど、娘には教育委員会と学校からお誘いの通知が来ると、福祉施設へボランテイアへ行かせています。

将来、ボランテイアが必要になり、ボランテイアに行こうとした時、少しでも経験がなければいざという時に腰が上がらないからです。
どう動いたらいいかわからないので、一歩踏み出すのにためらう。
そう考えると中々、家でジリジリ考え悩むだけで参加できないものです。

今回、熊本地震直後から避難所や家の片付けなどで、とても沢山のボランテイアさんに助けてもらいました。
仕事柄、派遣されてきた方や自主的にこられた方。
様々ですが皆さんの行動でどれだけ救われたか、わかりません。

役場職員の方にも仕事を越えて、とてもお世話になりました。
ご自分もお家が被災されていて、ご両親と子供を抱えて大変なのに、
避難所に家族と避難しながら役場の業務を休みなしでこなす。

朝早くから、夜中まで。
時々、小学低学年の子供の所に来ますが、お子さん達もどれほど寂しい思いをされていた事でしょう。
御飯の時も兄妹二人で食べている姿が可愛そうでした。
私は、その子に言いました。
「あなた方のお父さん、お母さんは今、村民の為に一生懸命やってくれてる。
君たちも寂しいけど頑張らないかん。
しばらく我慢してな。乗り越えた時、君たちもすごく強くなってるし、いい事あるからね。」と。

下の写真は二次避難所にいつも問い合わせや相談の対応してくれている職員の方です。

毎朝、新聞を借りに行く時、いつも笑顔で対応してくれます。
色々な方が今そこにいて支えてくれる。
生活を早く再建させて、お礼を言える日が待ち遠しいです。

 

カテゴリ:ひとちゃん日記 | 08:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://aso.tinkuna.net/trackback/1090284
トラックバック